エンパイアカジノの税金計算に必要な支払調書

現在、統合型リゾート法案いわゆるIR法案が佳境に入り、いよいよ日本でも家事の合法化まで秒読みに入りましたが、エンパイアカジノにオンライン参加することは現在も可能です。オンラインカジノの収入についても、日本で参加すれば一時所得または雑所得として税金の申告が必要です。カジノではありませんが、類似のものとして国内の宝くじは非課税と定められています。反対に言えば非課税と定められていない儲け=所得はすべて税金の対象になります。税金の対象になるのは儲け即ち利益ですが、エンパイアカジノからの入金は勝ったお金で、いわば商取引でいう売上です。利益の計算をするにはそこから必要経費を差し引くことができますが、それを裏付けるのが支払調書です。

日常的な仕入れを必要経費とする場合は領収書が商標になりますが、エンパイアカジノの場合は掛け金を記録しておくことが大切です。勝った時には収入が全部課税対象になり、負けたときの賭け金はコストにならないのでは過大な税負担をすることになってしまいます。また現在、競馬では100万円以上の払戻金は運営者から国税庁に支払調書の提出が義務付けられており、申告漏れを防ぐ仕組みになっています。将来、国内のカジノが開錠されたら同様の仕組み導入が見込まれます。