確実に儲かるネットカジノの攻略法

ネットカジノは、1994年にイギリス連邦加盟国のAntigua and Barbudaの議会で、ライセンスに関する法案が可決されたことにより本格的にスタートしたオンラインサービスです。オンカジマニア「エンパイアカジノは稼げる!?」のブログ記事はこちら インターネットの普及に伴い世界中に広がっており、現在のユーザー数は数千万人と言われるほど人気を集めています。

一番の魅力は、ブラックジャックやポーカー、スロットマシン、バカラなどのゲームにお金を賭けて勝負できるという点で、見事大当たりを引き当てれば本場のカジノと同様に一夜にして大金を手にすることが可能です。

なお、日本でも近年急速に注目を集めており、ポータルサイトや情報誌など様々なメディアで紹介されるケースが増えています。すでに、数万人以上が利用しているとも言われており、本格的なブームの到来はすぐそこといった状況となっています。

世界中で人気を集めているネットカジノですが、日本で遊ぶ場合には注意しなくてはなりません。何故なら、日本では公営競技以外にお金を賭けることは禁止されているからです。このために、場合によっては賭博及び富くじに関する罪が適用されて、摘発される可能性があります。

特に問題なのが、国内業者が運営しているネットカジノで遊ぶ場合です。そもそも日本には、ネットカジノに関するライセンス制度は制定していないので、正規の運営業者というものは存在していません。つまり、全て違法ということで、業者共々摘発されることになります。

一方、捕まる可能性がほとんどないのは、海外の正規業者が運営しているネットカジノを自宅から遊んだような場合です。何故なら、賭博及び富くじに関する罪は、相反する立場の複数の関与で成立する対向犯と規定しているので、外国の正規業者を国内法で適用できない以上は、客だけを捕まえることは出来ないためです。

ネットカジノは、自宅から海外の正規業者にアクセスして遊んだ場合は捕まる可能性はほとんどありませんが、トラブルに巻き込まれた場合は自己責任となるので、公営競技で勝負するとき以上に慎重な立ち回りが必要となります。

そんなネットカジノで確実に儲かる方法としてオススメなのが、多くの業者が実施している入会時のサービスを利用するという攻略法です。具体的には、入会時には多くの業者が無料チップをプレゼントしているので、これがなくなるまでの間だけ勝負するという内容です。

この方法であれば、お金を使わずに勝負できるので、少なくとも損をするということはありません。万が一、この間にジャックポットを引き当てた場合は、元金なしで大金をゲットできるので確実に儲かるという仕組みです。なお、入会時のサービスや払い戻しに関するルールは業者ごとに違いがあるので、事前に確認しておくのが適当です。