日本国内でネットカジノで遊ぶのは違法でしょうか

日本でも着々とカジノ解禁に向けての準備が進められています。現時点では、法律で認められた公営ギャンブル以外の賭博行為は禁止されていますので、プレイをしたければ海外のカジノに行かなければならないことになります。もし海外旅行のついでにプレイするのであればいいでしょうが、ギャンブルをしたいためだけに海外まで行くのは効率の悪い話です。そこで、昨今は、オンラインでのプレイをする人が多くなってきました。日本語版サイトも設けられていますので、英語の苦手な人にもわかりやすくなっています。参加者は、現金を外貨に交換してから、賭けたり払い戻しを受けたりする形になります。これなら、日本に居ながらにして、自分の部屋や出先からでも気軽にプレイが可能ですので、多くの人が参加している現実があります。

ところで、日本でのネットカジノは法的に見て違法ではないのでしょうか。刑法で定められた賭博罪では、重い罪が課せられることとなっています。しかし、日本人がネットカジノを行ったことでもって、逮捕されたという事例はほとんどありません。ネットカジノの場合、違法性を免れる施策を取り入れているからです。まずは、日本国内に胴元を置かない点で、日本の国内法である賭博罪が適用されにくくなります。一種の抜け道と言えましょう。というのは、賭博罪では胴元と張り子の二者がそろっている状態で捕まえないことには、成立いたしません。ネットカジノの場合、胴元が海外で合法的に運営されていますので、この場合、張り子のほうだけを逮捕するわけにはいきません。胴元も張り子も一緒に捕まえないことには、賭博罪は成立しないこととなります。
オンカジマニア「エコペイズEcoPayz対応オンラインカジノ」のブログ記事はこちら

海外のカジノに行ってプレイしても犯罪とはならないのと同様に、ネットカジノの場合は、海外にサーバーが設置されています。言い換えますと、海外のカジノに出かけていって、その中でカジノのゲームをプレイしているのと同じ状態ということになります。法的には、そのサーバーが置かれている国の法律が適用されることとなりますので、日本国の法律は対象外となるという考え方です。ちょうど、日本でパチンコやパチスロで遊んで勝ったときも、玉の交換は三店方式のシステムを使うことで、賭博ではないとの体裁をとっているのと同じです。ですから、日本でネットカジノをプレイしても、逮捕される事態はほとんどありません。ただし、すべてが大丈夫だということではないから注意が必要です。事情をよく知らない人が、自分でネットカジノのサイトを探してきてプレイした場合、逮捕される危険性がゼロではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です